JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe

胸を小さくする運動最強は水泳だけど毎日続けるならウォーキングとヨガです

胸を小さくするのであれば運動は効果的です。

運動を行うことによって、脂肪を燃焼するサインであるアドレナリンやグルカゴン、成長ホルモンといった脂肪動員ホルモンの分泌を促してくれます。

特に、有酸素運動はこのきっかけになりやすく、脂肪燃焼に効果的なのです。

そんな胸を小さくする運動で一番効果がある有酸素運動は水泳となっています。

しかし、設備が近くにない、毎日通うのは大変、塩素で髪も肌もボロボロなど、続けるのも難しいでしょう。

なにも一番有酸素運動効果が高い水泳だけをやらなくちゃいけないというわけではありません。

こちらでは、胸を小さくするための運動方法と、どれだけ消費されるか、おすすめの運動を紹介します。

参考に体重45kgと50kgの人が30分運動した場合の消費カロリーを掲載しました。

重要なのは「できるだけ毎日続けること」普段の日常になるべく取り込めるような方法をアドバイスします。

ウォーキングは胸を小さくする運動で一番簡単で続けやすい有酸素運動

ウォーキングは、言ってしまえば歩く運動。

通勤や買い物、すぐにできる時と場所、さほど服装を選ばない簡単にできる運動です。

その手軽さから一番続けやすい運動といってよいでしょう。

ウォーキングの消費カロリー

時速5.6kmで30分間(2800m)ウォーキングを行った場合

45kgの人の場合113kcal

50kgの人の場合102kcal

ウォーキングのコツ

背筋を伸ばして、歩幅を広めにしてやや息が上がる程度のスピードを出すと効果的です。

ウォーキングを楽しく続けるコツ

  • ちょっと歩くかなぁ位の気持ちで行う
  • 雨の日は無理にやろうとしない
  • スマホに音楽やラジオを聞いてリラックスしながら行う
  • アプリを使って歩数や消費カロリーを記録する
  • 普段とは違うルートで風景を楽しむようにする

ウォーキングは単純な運動なので、運動するぞ!と意気込むよりもぼんやりする時間、心を整える、リフレッシュするという気概の方が続けやすいです。

ジョギングは胸を小さくする運動でウォーキングよりややハード

ジョギング息が少し上がる程度のスピードで走る運動です。

適当なトレーニングウェアとシューズ、胸をしっかりと固定できるブラがあればすぐに行うことができるウォーキングに次いで行いやすい運動の一つです。

ジョギングの消費カロリー

時速8kmで30分間ジョギングをした場合

45kgの人の場合196kcal

50kgの人の場合217kcal

ジョギングのコツははじめは無理しない

  • シューズは多少高くてもそれなりに良いジョギングシューズを使用する
  • 胸をしっかりと固定できるスポーツブラを着用する
  • はじめのうちは息が上がらない程度で走る時間を意識して行う
  • 膝が痛くならないように始めのうちは気合を入れずにやらない

ジョギングを楽しく続ける5つのコツ

  • 自分が気持ちの良いと思うジョギングルートを数パターン用意する
  • 息が上って辛いと思うほどの負荷で行わず長く走ることだけを意識する
  • テンションの上がる音楽を聞く
  • ジョギングアプリで日々の成果を記録してモチベーションの維持を行う
  • シューズやウェアのコーディネートを楽しむ

ジョギングはしんどいと思うようなペースで走らずちょっと息が上がるな位のペースでじょじょに距離を長くするようにすると長時間走れるようになれます。

縄跳びは場所を選ばない安くできて消費カロリーの高い運動

縄跳びは100円ショップで購入すればすぐに運動ができる、屋内であればいつでもできてひと目もきにせずできて、さらに効果が高いコスパのよい運動方法です。

縄跳びの消費カロリー

100-120回/分 30分縄跳びを行った場合

50kgの人の場合304kcal

45kgの人の場合273kcal

縄跳びを状態させる基本的なコツ

  • 初心者の場合ビニールロープがおすすめしっかりと伸びて素早く回転させられるので飛びやすい
  • もっと効果を高めるのならチューブロープがオススメ重さもあるのでトレーニング効果を高めることができる
  • 両足でロープの真ん中を踏み、両手に持ち手を1つずつ持って、脇を締めて二の腕を身体の側面に付け、手首を曲げずに肘を90°に曲げられる長さがベスト
  • 親指以外の4本の指で持ち手を握りこみ、親指は持ち手に添って伸ばします。そうすることで回す持ち手は安定
  • ジャンプ運動はクーパー靭帯を伸ばしてしまうので胸を固定できるブラを着用するように

縄跳びを楽しむ5つのコツ

  • 運動に慣れていない方はいきなり長時間跳ぶのは控えるように。まずは短い時間で少しづつ体を慣らすように
  • はじめのうちは縄跳びをリズムよく回せて飛べることからはじめる
  • 慣れてきたら交差跳びやあや跳びなどテクニックを増やす
  • 音楽を聞きながらその間飛ぶようにするなどメリハリをつける
  • 布ロープ、ビニールロープ、ビーズロープ、ワイヤーロープなど違う種類の縄跳びを選んでみる

なるべく人目につかない自分だけの場所を見るけると良いです。大人が縄跳びをしているのは少し恥ずかしいですから。

水泳は胸を小さくする運動の中で一番の運動

水泳は全身運動であり、水温の低さから身を守るために体自身が発熱を行うため、運動プラス基礎代謝向上という消費カロリーが一番大きい運動となっています。

ただし、塩素によって髪はバサバサ、肌はバキバキ、いちいち着替えたりメイク落としてまたしたりとハードルが高い運動です。

水泳の消費カロリー

クロール30分1分あたり45m未満(割とゆっくり)のスピードの場合

45kgの人場合196kcal

50kgの人場合218kg

水泳のコツ

  • 泳げない人の場合はビート板を使ってバタ足やウォーキングでも大丈夫
  • クロール以外の平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライなど取り入れるといろいろな筋肉が使えるので効果的
  • なるべく足をつけずに続けて泳ぐようにするバテないペースなら長時間泳げる
  • アクアビクスなどのレッスンに参加して皆で楽しむ運動もおすすめ
  • 初心者向けのレッスンに参加して泳力を鍛えるのもおすすめ

水泳を楽しむ5つのコツ

  • バテないスピードで気持ちよく泳げるペースでダラダラ泳ぐと続けやすい
  • クロール、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライとメドレーで行うと100mも楽しく泳げる
  • 水中ウォーキングなら紫外線の心配や膝の負担も少なく続けやすい
  • 水の中にいるだけで脂肪が燃焼されているんだと思えば割と楽しい
  • レッスンや団体の競技などの積極的に参加するとモチベーション維持しやすい

水の中にいるだけでストレス発散に良い効果をもたらせてくれます。自分のペースで水泳を楽しむ、リフレッシュする時間と思って通えば続けやすいです。

胸を小さくする運動ヨガは自宅で人目きにせずできてお手軽

運動のために着替えるのが面倒臭い、運動をしているのを人に見られるのが恥ずかしい、運動するぞ!と頑張るほど気力に余裕がない。

そんな人って多いと思います。そんな人でもできる翌日の朝の調子がよくなるヨガがおすすめです。

消費カロリーこそさほどありませんが、血液やリンパの流れを良くし、老廃物の排出を促し血流を改善し基礎代謝を上げる効果が期待できます。

ヨガの消費カロリー

ヨガ(映像を用いたストレッチ・ヨガ)を30分行った場合

45kgの人の場合54kcal

50kgの人の場合60kcal

ヨガのコツ

  • 自分の弱点をまず知ること、前屈がキツイとか、腰をそらすのが辛い、立ちポーズがぐらつくなど。その弱点=自分の体の歪みなので改善していくようにしましょう。
  • 毎日少しずつ新しいポーズを取り入れるようにする
  • いろいろなヨガにチャレンジしてみる
  • 一つの動画ではなく様々なヨガの動画を見てマンネリ化を解消する
  • 無理はせず痛気持ちいい範囲で続けるようにする

ヨガを楽しむ5つのコツ

  • 自分の弱点を知り日々改善していきできるようになる喜びを知る
  • 自分が無理なくできる範囲の時間できっちりと行う。例えばお風呂にお湯を入れている時間だけとか
  • いろんなヨガのポーズを行って楽しんでみる
  • 慣れてきたらヨガ教室に行ってみて本場の方法を知って新しい発見を楽しむ
  • ヨガマットやヨガ用のウェアなどちょっとしたおしゃれを楽しむ

胸を小さくする運動でおすすめなのがウォーキングとヨガ

運動も日々続けていかないと効果はありません。

水泳や縄跳びは消費カロリーが高く続けられれば胸を小さくさせる効果はあるでしょう。

しかし「続けられるか」が問題じゃないでしょうか?

毎日30分近く孤独に縄跳びできますか?髪バサバサになりながら水泳できますか?という現実問題。

毎日続けるなら消費カロリーこそ少ないですが、ウォーキングやヨガがおすすめです。

ウォーキングなら

  • 通勤や買い物の際ちょっと遠回りする
  • 車や自転車を使わず徒歩で移動する
  • エスカレーターやエレベーターを使わず階段を使う

というちょっとした工夫でも大丈夫。

ヨガなら

  • 休憩中のちょっとしたストレッチに
  • お風呂のお湯を入れている10分程度の時間に
  • 寝る前のストレッチ代わりに

といった間の時間に行うことができます。

胸を小さくする運動は20分連続じゃなくても大丈夫

よく20分間以上連続じゃないと脂肪が燃えないと聞きますが、最新の研究では連続でなくとも累計で20分であっても脂肪は燃焼されるということがわかりました。

つまり、細々と運動を無理無くしていた方がやる気も維持しやすいということです。

例えば、エレベーターやエスカレーターを使わず階段を使うとか、自転車で買い物を歩いて買い物など、掃除をしっかりする事でもOKです。

「これくらいの距離なら歩くか」という日々の累積が胸を小さくする運動と繋がるわけです。

まとめ

  • 胸を小さくする運動は脂肪燃焼を促すホルモンを分泌されるのに有酸素運動が良い
  • 有酸素運動には、ウォーキング、ジョギング、水泳、縄跳び、ヨガなどがある。
  • 水泳が一番効率が良い胸を小さくする運動
  • 毎日続けるのであればウォーキングやヨガがおすすめ

運動は1日2日では効果がない方法。日々いかに継続できるかが重要となってきます。運動となるといちいち着替えるというのがそもそも面倒じゃないですか?

ですから普段からできる方法で意識して「私今脂肪燃焼して胸減らしてる」という方が絶対続けられます。

消費カロリーは「少ない」と感じますが、脂肪を燃やすスイッチを入れたんだと思って前向きに続けましょう。

もし運動する時間もやる気が無いのであれば、断食によって脂肪燃焼を促してしまうのも一つの方法です。

胸を小さくする断食の方法はこちらにまとめています。

個人的におすすめなのはお風呂にお湯を張っている最中にヨガをして、お風呂上がりに胸を小さくするクリーム(キューティーバストがおすすめです)を塗ってバストダウンマッサージです。

胸を小さくするマッサージについてはこちらにまとめています。

胸を小さくする効果のある脂肪燃焼クリーム胸に関してはこちらにまとめています。

体も心も胸もすっきりできる朝を体験できますよ。