JIN Demo Site 8
My Natural Garden & Cafe

脂肪燃焼クリーム胸にも使える知っておこうスリミング成分

脂肪燃焼クリームを塗ると、直接脂肪が溶けるとか、燃えだすという非科学的な事はおこりません。

しかし脂肪燃焼クリームを塗る事によって、このような効果が得られることができます。

  • 塗った部分が温まり脂肪の燃焼を促されやすくなる
  • 毛細血管が開き血流が促され代謝が上がる
  • リンパの流れもよくなるので余計な水分が減り、有害物質が排出されやすくなる

このような効果を持つのを「スリミング成分」といい、バストダウンを目的とされるならこれらが含まれる脂肪燃焼クリームを選ぶようにしましょう。

胸を小さくするマッサージ方法はこちらに詳しい内容を掲載しています。

スリミング成分には、バリニルブチル、カプサイシン、カフェイン、グラウシン、アフィネスがあり、その効果について一つ一つ説明していきます。

脂肪燃焼クリーム胸成分 バリニルブチル

バニリルブチルとは、バニラビーンズから抽出される成分です。

バニラから抽出される香料は、アイスクリームなどの食品にも用いられていることで非常に有名でしょう。

このバリニルブチルには、優れた温感作用があります。その温感作用は、同様の作用があるカプサイシンエキスと比較しても持続力が高いことが確認されています。

非常に優れた温感作用による血行促進効果に期待がもてる素材として、スキンケア製品やヘアケア 製品などに活用される成分となっています。

脂肪燃焼クリーム胸成分 カプサイシン

「カプサイシン」を薄めて皮膚に塗ると、肌の弾力性が増し、シミやそばかすが減少す効果があると名古屋市立大大学院の岡嶋研二教授らが明らかにしたものです。

カプサイシン0.01%を含むクリームを塗ったところ、インスリン様成長因子IGF-1の増加を促す、CGRP(カルシトニン遺伝子関連ぺブチド)という物質が、神経末端から放出されることがわかりました。

このIGF-1は細胞を活性化し、肌の老化を防ぐ働きを持つ働きがあります。

また、カプサイシンの辛味成分が神経を刺激して、エネルギー代謝を活性化するホルモンを分泌させ、体脂肪が分解しやすい状態とさせる働きがあります。

脂肪燃焼クリーム胸成分 カフェイン

肌弾力をあげる「コーヒーがら」には肌にも優しく古い角質をとってくれ、コーヒー酸が肌に弾力を与えてくれます。

肌に塗ってもカフェインには老廃物を取り除くカリウムが豊富、そして血行をよくし、くすみをなくすので、にきび肌にも効果的です。

カフェインは脂肪を分解する働きがあり、それによりセルライト除去効果、痩身効果、たるみ引き締め効果につながるのです。

脂肪燃焼クリーム胸成分 グラウシン

ツノゲシ(角罌粟)はケシ科ツノゲシ属の越年草である植物から抽出した成分が「グラウシン」です。

グラウシンは、引き締め効果やスリムアップ効果があると言われていて、脂肪細胞内の分解酵素を活発にしていきます。

脂肪分解に必要なカルシウムの流れを調整する働きがあるので脂肪分解の促進や、これからできる脂肪細胞の発生を抑える事が期待できます。

某有名エステサロンでは1回30000円で、このグラウシンが使われているとも言われています。

脂肪燃焼クリーム胸成分 アフィネス

アフィネスは、天然植物由来酵素のコリアンダー(パクチー)果実の酵素分解物と、オレンジ果実エキスから得られる混合エキス。

3%のアフィネスを体の一部に貼付し、経過観察をしたところ、脂肪組織の厚みが徐々に低下した臨床実験が報告されています。

  • 蓄積された脂肪を排出すること
  • 脂肪細胞に脂肪が蓄積するのを抑制すること

この2つも確認されています。

アフィネスが配合された胸を小さくするクリームについての記事はこちらにまとめています。

バストダウン目的の脂肪燃焼クリームの使用はアウトバスがおすすめ

スリミングジェルには主に2種類あり、お風呂で使うものと入浴後の肌に使うものに分類されます。

お風呂で使用するインバスタイプはスクラブ成分が配合されているタイプが多く、引き締めと同時に角質ケアできるのが特徴です。

一方のアウトバスタイプのジェルは、成分を洗い流さないためインバスタイプよりも効果時間が続くのがメリット。

バストダウン目的の脂肪燃焼クリームは温感効果タイプを選ぶこと

脂肪燃焼クリームには二種類の効果があり、温感タイプと冷感タイプとあります。

温感は塗った場所が温まり血流を改善してくれる作用、一方で冷感タイプは塗った場所を冷やすことによって体熱を上げ脂肪を燃焼しやすくするタイプです。

バストダウン目的の場合は、脂肪を柔らかくし、余計な脂肪を燃焼しやすくするためにも温感タイプを選ぶようにしましょう。

バストダウン目的の脂肪燃焼クリームの副作用はかぶれに注意

バストダウン目的で脂肪燃焼クリームを使用した場合特にかぶれには注意しましょう。またその他にも副作用があるので注意して損はありません。

胸が熱くなりがちなので汗もができやすいかぶれやすい

普段汗をかかないような場所に汗をかくようになるため、汗疹ができやすくかぶれやすくなります。

起床時は新しい下着にして清潔に保つようにしましょう。

胸の減るスピードが早くなると胸の位置が下がって見た目が悪くなる

脂肪燃焼だけに特価したクリームを使用すると、胸の脂肪の減るスピードが早く、皮が追いつかずに垂れ気味になってしまいます。

ハリもキープしてくれる脂肪燃焼クリームを選ぶようにしましょう。

胸にシワができてしまう

汗と乾燥、そしてバストダウン効果によって胸にシワができてしまう場合があります。

保湿効果もある脂肪燃焼クリームを選ぶようにしましょう。

脂肪燃焼クリームでバストダウンできるメカニズム

脂肪燃焼クリームを塗れば痩せる、脂肪が溶けるという直接的な作用はありませんが、体内で脂肪が燃えるのを外からスリミング成分によってサポートしてくれます。

直接脂肪を溶かすわけではない。

冷えやすい箇所は、冷えないように脂肪を覆うようになります。極寒の地で生息するアザラシやトドなどは皮下脂肪をたくさん身につけています。

温める=脂肪も燃えやすくなるという環境脂肪燃焼クリームが作ってくれます。

温めることによって、脂肪をつけさせない状態に近づけることができる

毛細血管が広がり、血流が促され、基礎代謝が向上する、リンパの流れがよくなるので余計な老廃物が大概へ排出されやすくなります。

スリミング成分が胸に脂肪をつけさせないようにアプローチ

脂肪燃焼クリームの作用によって、胸に脂肪をつけないようにスリミング成分によって抑制してくれます。

バストダウン脂肪燃焼クリームおすすめ

  1. 余計な胸の脂肪を燃焼しやすいような環境を作る
  2. 胸に余計な脂肪をつけさせないように外側からアプローチ
  3. バストダウンしても形がキレイにキープできる美容成分配合
  4. 汗や乾燥の繰り返しでも安心な保湿キープ力のある美容成分配合

この4つをクリアした専用のバストダウンクリームはキューティーバストです。

キューティーバストは、大きい胸を小さくしたい人のために作られて専用のバストダウンクリーム。

上記の4つの条件をすべて満たしてくれています。使い方も簡単で、無添加だから副作用の心配も少ないのも魅力です。

こちらにキューティーバストの口コミをまとめています。

まとめ

バストダウン目的の脂肪燃焼クリームを選ぶ際はスリミング成分が含まれているものを選ぶようにする。

  • 温感タイプを選ぶ
  • お風呂上がりに塗るのが効果的
  • 専用のバストダウンクリームなら保湿と美胸をキープしつつバストダウンできる

1日5分から10分ケアを取れる時間と、多少の出費があれば自己流でバストダウンするよりも、短時間で結果を得ることができます。

例えば、東京、新大阪間を夜行バスで行くか新幹線で行くかの速さの違いといっていいでしょうか。

胸を小さくするのも結果が伴わないと、途中で挫折してしまいます。しっかりと結果がついてくるためにも時間を買うという選択も一つの方法ですよ。